Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

-

何か大きな事をしようとする時は

震えが止まらなくなりますね。

武者震いだと信じたいですが。。。

 

そんで、後になって、味方でいてくれる仲間たちの存在に気付いて、そんな大した事じゃなかったんだって思うのです。

そう、思えるように頑張るのです。

 

今はただとにかくレインメーカー大阪公演を。

セルカの村を。大切な仲間を。是非大阪の人たちにも紹介したい。

僕たちが生きた、とても短くて長い日々を。

そこに、確かにエリアスは生きてて、ヨルマやヘルマンニたちと親友で。スヴィとヤミがいて、リュリュとヤーナがいて。ロイネがいて。

テオや、ミラや、怪物たちと囲まれたあの場所に再び。

もう心残りが無いってくらい、思いっきり遊び倒してやりたい。

 

僕たちはきっと、いつか離れ離れにならなくちゃいけなくて、そんな日がいつ来るのかいつも不安だけど、だけどその日までは、遊んで遊んで仕事して、時には喧嘩して言い争って、いつの間にか仲直りしてまた遊んで。

 

 

どうも。昨日は東京公演のDVDコメンタリー収録でした。林遊眠です。

さみしくなった。でも新しい仲間とまたセルカに帰れることがとても嬉しい。

大好きな作品がまた一つ増えた。大好きな仲間が増えた。

 

 

レインメーカーに出てくる「ネプチューン」という存在は、錆色の瞳、黄金の海に出てくる「ゴーレム」みたいなもので、更にいうとロックランドに出てくる「レッドスター」も同じような存在で。

レッドスター役をしたことのある私は、彼らの気持ちが少しだけわかります。

 

「人がニコニコしていたら、それでいいの」

 

懐かしいセリフを思い出した。

人口知能を持ったスーパーコンピューターの存在意義は、儚く悲しい。

そして美しい。

 

今回はそんな彼らに翻弄される、純粋無垢な少年少女たちの物語。

そこに確かにある友情の物語。

 

是非、体感しに来てください。

大好きな仲間たち。あと少しだけ。よろしく。

  • 2018.04.09 Monday
  • 14:19