Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

-

呪縛から解き放たれた

20160804_005908.jpg
1年前は、パイドパイパーの大阪公演をしていました。
その一月後には、東京の「あうるすぽっと」にて、パイドパイパーと、千年のセピラを上演しました。

「パイドパイパー」は、大人数芝居。

ハーメルンの笛吹の伝説を元に、神々の最後の末裔、ミリアムを守るという使命を背負った「笛吹」と、彼女を守る「騎士」。
何十年、何百年もの時を経て、こんなに近くにいたのに交わることの出来なかった二人が。三人が。
家族になっていく話でした。


そしてそれと同時上演した東京公演限定の林遊眠一人芝居「千年のセピラ」。
たった二回だけの上演の幻の作品。

そのDVDが、

次の「撃鉄の子守唄」にて、発売されます。

林遊眠が、東京池袋のあうるすぽっとにて、一人芝居をした作品です。

台本が想定していたよりも遅かったこと、パイドパイパーの稽古との掛け持ち、広すぎる舞台で自分の身体を生かしきれなかったこと、様々な内的要因、そして、外的要因。
死にそうなくらいの緊張。

思い出す事といえば、辛かった思い出ばかり。
「助けて」と言えなかった。こんなに沢山の人たちが、隣にいるのに。
私が、しっかりしなければと。

そんな思い出を思い出しながら、映像を見ました。

ローマ帝国建国期。
サビニ人と、ローマ人の闘い。
タルペイアという、実在の人物、実際にあった話がモチーフです。
今から二千年以上前の話です。
同じ空を眺め、同じ風を感じた、私たちよりも遥か前にこの地球上に生を受けた、一人の少女の物語。

家族を奪われ続けた、家族が欲しかった、一人の少女の物語。


沢山、辛いことあったはずなのに。
映像を見ると、全てが吹っ飛びました。


面白かった。


大好きな作品。


そこに生きていたんだなって思った。
辛い中でも、一生懸命。


そして、パイドパイパーももう一度、観たくなった。
やっぱり大好きな作品。
大好きな仲間たち。

早く関西の、色んな人に見てもらいたい。

わたし、あうるすぽっとで、一人芝居してきたよー。


一年間の呪縛から解き放たれて、少し胸を張れる気がしました。
まだまだ、直したいところいっぱいあるけど。
越えるべき壁は沢山あるけど。

でも、やっぱり、胸を張ってみんなに見てもらいたい。


みなさん、撃鉄の子守唄では、千年のセピラ以外にも新作DVDありますよ★

多分すぐに売り切れると思います。
お早めのご購入をお願い致しますm(__)m★

無くなったら、増産するまでに多分、結構時間かかると思うので。
増産、するかな。わかんないけど。


走り回れるくらいの大きな劇場で公演がしたい、その夢が叶った作品です。


そして、今回も叶えさせてもらってる。

最高のメンバーで「撃鉄の子守唄」を、大阪HEPホールで、東京のビックツリーシアターで、上演させて頂けること、噛み締めながらそこに生きたいと思います。


身に余るほどの素敵すぎるメンバーなんです。
彼らと、彼女らと、出来ればこの夏、一緒に表彰台に登れるよう、劇団ショウダウンは、本気出します。
  • 2016.08.04 Thursday
  • 07:52

-

撃鉄漬け☆

1469704832749.jpg
一週間の仕事が終わり、やっとこさ週末。
寝てもあんまり疲れがとれない。なんでや〜。疲れた〜。ねむい〜。

終電帰りが続いているからかな。
夏やし暑いしな。

どうも。稽古!稽古!林遊眠です。
まだまだこれから。
早く形にしたい。
最後まで通したい。
あせるっ。あせるっ。

あかん。あかんで。うちが笑っとかな。
それが仕事っ。

いろいろ楽しみね☆
次の通しも、衣装も小道具も、音楽も、照明も、舞台美術も☆
大阪公演も☆
東京公演も☆

後悔のないようにっ☆
わくわくを増幅させて、疲れもぶっとばして進んでいかねばっ!★

悩んでるこの時間も、幸せ。
お芝居やってるな〜って思う。
乗り越えた先にはきっと、見たことのない景色が広がってる★

みんなで乗り越えたい。
全員で乗り越えたい。

全力で、乗り越えたい。


今の仲間たちが「撃鉄の子守唄」を愛してくれてるのがとても嬉しいです★
劇団ショウダウン「撃鉄の子守唄」。
個性豊かな出演者たちと共に作り上げます☆☆☆


行ってきます★
ユンケル買っていこう。
  • 2016.07.30 Saturday
  • 12:18

-

黒船と、ウインドミルバレーの打ち上げ

20160726_184926.jpg
でしたー★昨日★
ちょっともう、楽しすぎた☆
ちょっと飲み過ぎた。(笑)
楽しかったんやなーって思った。

常に話題が一つで、全員でずーっと繋げて喋りまくりました。
笑いまくりました。

楽しいの種類って、まだまだいっぱいあるんやね。
貴重な体験★


どうも。理不尽な事いっぱいあるけど。林遊眠です。
もしかしたら、未だかつて体験した事のないもっと凄い理不尽がこの先まだまだ待ち構えてるのかもしれないけど。。。

今しか感じる事のない貴重な時間。
おもいっきり、楽しむ自分でいたい。
それは逃げになる時もあるかもしれないけど。
逃げて何がアカンにゃさ。
またちゃんと向き合うために、冷静に考えられる自分を取り戻すために、時間が必要な時だってある。

自分たちらしく、乗り越えていきたい。
腐らないよう。腐らないよう。


撃鉄の子守唄、新しい感情、新しいプランがどんどん沸いてきます。
もっと良く出来る。
もっと、稽古したい。

せっかくのみんなが集まる稽古。流してたらあかん。
しっかりコミュニケーションとって、納得のいく形で幕を開けられるように。
初演の時に出来なかったこと、全部やってみよう。

早く稽古に行きたい。
  • 2016.07.26 Tuesday
  • 19:06

-

稽古前に園部




ジミーのお墓参りです。
今日はまた、いつもと違った気分で、お寺までの坂道を歩きました。
今日は天気も良いし、風も気持ちいいし、絶好のジミー日和☆
出してもらえたみたらし団子も美味しかった☆
でも、飛騨高山で食べたみたらし団子には敵わへん。
ジミーと一緒に行った高山。
思い出が蘇る。


「好き」と「寂しい」は比例していくのですね。
「寂しい」も楽しむ事ができたら、気兼ねなく「好き」を増やして行ける気がする。

いつでもジミーが教えてくれる。

みんなが健康で、ケガなく、無事に公演が出来ますように。
見に来てくださるお客様が、みんなが健康で、めいっぱい作品を楽しんでくれますように。
この夏、最高の作品を創ってくるよ。
ジミー、見てて。


どうも。うちもポケモンしたい。林遊眠です。
でもうちの携帯は対応してないやつです。
携帯変えようかなー。

自撮りカメラのアプリをダウンロードしました。
お肌の具合がキレイに加工されて写るやつです。
結局は、普通のカメラでも光のあたり具合とかでキレイに写る場所探して撮るんやから、美人加工してくれるカメラでも同じやしっ。と思って撮ったんですが。
もともとの私のカメラの、inカメラの解像度がハンパなく小さいため、美人加工されたとしても、画質の荒らさは改善されるわけもなく。。
みんなが撮るような、ポスターに出来ちゃいそうなキレイな画質は無理でした。



あんま変わらへんかった。

携帯、変えようかなー。

今のこの携帯は、いよいよ五年目突入くらいちゃうやろか。


ここまで来たら、どこまで行けるかやってみたいけど。
でもポケモンしたいしなー。

ゲームボーイポケットの赤色で、ポケモンしてたなー。まだカラーじゃなかった時のやつ。
その時は、横にジミーがいたなぁ。
  • 2016.07.23 Saturday
  • 11:13

-

「雪月花」見ていろいろ思い出し

太秦署捜査一課の刑事、ストーキング界のナポレオンこと太宰誠、ピッキング界のトーカイテイオーこと清水正義。この二人が活躍した最初の作品は2002年上演作品「ハンターシフト」でした。

木更津秀一と、佐伯ゆかりが首謀者となって、壮大な復讐劇が繰り返される話です。この時はまだ太宰と清水は脇役ポジションでした。そして和泉千里もまだ、この時は登場しておりません。

 

 

次に彼らが姿を現したのは2003年11月上演作品「グッバイ ギャングスター」こちらはギャングたちの闘争を描いた作品。17時まで魚屋を営む主人公が、実はヒットマンで、西と東の闘争の舞台が京都という設定。京都が舞台の事件なので、太秦署の2人が出て来なくてはと、1シーンだけ特別出演してました。

 

その次はいよいよ2004年12月「Deep Red」これは太宰と清水が主人公(?)の物語でした。首謀者の影にはもちろん木更津秀一。
佐伯ゆかりはこの時はお休み。そして初めて和泉千里が登場します。
女性にはめっきり弱いこの二人が、和泉千里には見向きもしないのが面白いです。
この作品で、和泉千里は清水先輩が好きという事を、太宰先輩に打ち明けます。が、太宰先輩がびっくりしただけで何も進展しません。
二人は美しい女性を追いかけているだけで、事件を解決してしまいます。
今のところ、最後に登場したのが、現在SP水曜劇場にて上演されております「雪月花」2008年11月。
こちらもがっつり二人が主役(?)です。和泉千里もいつもの感じで奮闘します。
黒幕(?)はもちろん木更津秀一。そして佐伯ゆかり再登場。ハンターシフトの時は私が演じてました木更津秀一の妹「マリコ」も登場しました。
当時からショウダウンは役者が日替わりで何かして遊ぶという事が頻繁に行われていて、劇団員も客演さんも、みんな楽しくやってたな〜と思い出しました。
そして林遊眠は、痩せてました。ちょっとびっくりした。もっと食べなあかんで〜。
今は多分大丈夫やと思う。あん時も大丈夫やと思ってたけど。
東京公演の時は必ず手伝いに来てくれる「しげやん」の初舞台でもありましたね。今と全く変わってない姿と、演技での豹変ぶりに笑いが止まりませんでした(笑)
八木輪の別所警視も、迫力あってめっちゃかっこ良かったです。二人ともとても学生だとは思えない。
みんな今頃何してるんやろな〜。元気にしてるかな〜。
過去のキャラクターが別の作品で姿を現すというのは、思い返せばショウダウンでは結構あります。
「世界機械と海の姫」の主人公だったサンジェルマン伯爵とセバスチャンは、「千年のセピラ」に出てきましたし。
「ウインドミルバレー 最後の三日間」に出て来てたブライは、「錆色の瞳、黄金の海(初演)」にちょろっと出てましたし。
「ある晴れた雪の日に」で主人公してた岸本は、「ドラゴン スピリット」で少尉になって出て来てましたし。
探せばまだまだあると思います。
ショウダウンファンだけがわかる細かいところですが、ナツメ作品は全て、どこかで繋がっていて、その端っこはいつも、私たちの生活にも繋がっているのです。
だから、どんなに荒唐無稽なお話でも「もしかしたら本当にあった話なのかもしれない」「そうであって欲しい」なんて思ってしまう不思議があるのです。
お芝居を見終わった後、また日常に戻った時に、少しでも登場人物たちの存在を感じて、わくわくしたり切なくなったり笑ったりして生きていけたらなと思います。
さて、次回作品「撃鉄の子守唄」いよいよ配役が決まり、本格的にスタートしております。
この奇跡の物語を、また上演する日が来るなんて。
名作具合で言えば、ちょっと遅すぎな気もしますが。
ショウダウンが東京で公演するようになって、東京公演のノウハウもわかってきて、再び池袋演劇祭に挑戦するのにふさわしい演目なんじゃないかなと思います。
他にも名作いっぱいありますが、今回は、撃鉄ということで。
9年経っても、また出演者で出られる幸せ。
そして面白い事に、為房さんも二回目の撃鉄出演★
人との繋がりって不思議。
新しい仲間たちと、新しい物語を創っていきます★
再演は、初演を大きく上書き保存していくのです。今回もきっとそう。
面白くて、豪快なのに謙虚で、真面目で適当で。撃鉄の子守唄。それは失われた物語。それは、失われるべき物語。
チケットご予約お待ちしております。
そして、人を誘って観に来てください。
一人で観終わったあと、あぁ誰かを誘えば良かったと思うはずです☆
どうぞどうぞ、よろしくですっっ★
  • 2016.07.21 Thursday
  • 16:43

-

【撃鉄の子守唄】林遊眠の取扱いになるチケット予約フォームはこちらです

 

劇団ショウダウン「撃鉄の子守唄」林遊眠の取扱いになるチケット予約フォームはこちらですっ。ご予約待ってますっ

 

大阪公演→http://ticket.corich.jp/apply/73670/002/

 

東京公演→http://ticket.corich.jp/apply/73671/002/

 

 

-15周年記念公演-
-第28回 池袋演劇祭参加作品-

劇団ショウダウン
〜大阪、東京二都市公演〜

○タイトル 
『撃鉄の子守唄』2016年版

○脚本/演出 
ナツメクニオ
 
○公演日程
【大阪公演】
=2016年8月20日(土)〜21日(日) 
全4ステージ

8月20日(土)12時開演/18時開演
8月21日(日)12時開演/16時30分開演

○大阪公演 会場
HEP HALL

〇大阪公演チケット
(日時指定・全席指定)
【前売】一般 4000円  
【当日】一般 4500円
【前売&当日共】  
U-22(22歳以下) 2500円
U-18(18歳以下)1000円
リピ―ター割 3500円 


【東京公演】
=2016年9月1日(木)〜9月4日(日) 

9月1日(木)19時開演
9月2日(金)13時開演 19時開演
9月3日(土)12時開演 18時開演
9月4日(日)11時開演 16時開演


○東京公演 会場
シアターグリーンBIGTREE THEATER

〇東京公演チケット
(日時指定・全席指定)
【前売】一般 4000円  
【当日】一般 4500円
【前売&当日共】  
U-22(22歳以下)2500円 
U-18(18歳以下)1000円
リピ―ター割 3500円

 

大阪公演チケット予約フォーム→http://ticket.corich.jp/apply/73670/002/

 

東京公演チケット予約フォーム→http://ticket.corich.jp/apply/73671/002/

 

 

沢山の方に観に来て頂きたいので、みなさん宣伝をどうぞよろしくお願い致しますっ。m(_ _)m

 

それから、今回は第28回池袋演劇祭に参加いたします。

池袋演劇祭、劇団ショウダウンが載ってるページ→http://www.ikebukuroengekisai.jp/gekidan/bigtree.html

マナナン・マクリルの羅針盤から、二回目の参戦です。

どうぞどうぞ、応援してくださいっ。

 

こりっちという演劇サイトにて、「見たいコメント」「見て来たコメント」も、どしどし書いて欲しいですっ。

沢山書いてもらえたら、トップページとかに名前が出て来たりするそうです。
関係者一同、みなさまの声を楽しみにしておりますので、どうぞご記入くださいっ★
こりっち「撃鉄の子守唄」のサイト→http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=73671

 

 

観に来てくださる方一人一人の心に残る、特別な物語を創ります。

どうか。どうかどうか。お知り合いにお声がけを。友達、家族、会社の人。

みんなみんなで観に来てくださいっっ。

 

よろしくお願いいたしますっっ!!!

  • 2016.07.14 Thursday
  • 14:50

-

チラシ撮影→稽古開始 撃鉄の子守唄

いよいよ始まりました。撃鉄の子守唄。

チラシ撮影も順調に進みましたよ。

今回も素敵なチラシになる予感・・・★

ショウダウンのチラシはいつもご好評を頂いているのでね。今回も楽しみですねv

 

ちなみに黒船のチラシ撮影の時の様子はこちら

20160713_074727.jpg

はい。私出演してませんが、チラシには写ってました。

20160713_074758.jpg

この時はナツメさんと堀川さんと私の三人での撮影でしたが、今回の撃鉄では劇団員の宮島さんと竹内さんが来てくれて、スタイリストとして色々助けてくれました★

ありがたや(>_<)★劇団員がいるって本当に楽しいです(>_<)

もっともっと増えて欲しいな〜。

 

 

撃鉄のチラシ撮影の様子はまたの機会にv

 

 

そしてそして、撃鉄の稽古が開始されました。

毎度のことながら初めましての方多数で、主催のナツメさんを筆頭にみんな緊張しておりました。

かくいう私も、みんなの緊張をほぐさなければと、一番緊張しない方向で努めていたのですが、家に帰ったら速攻で寝てしまいました。。

布団もかぶらずに。

 

今回の撃鉄、色々書き換えが入っていて、私の中ではすっかり新作。

面白さそのままで、いや、もっと面白くなった台本が、稽古初日にみんなに配られました。

稽古初日に台本が完本してる!これはもう、役者としては何も言い訳出来ひん。

しっかり頑張ろう。

いつもよりも、自分にムチ打って。

 

一幕の最初から、配役を入れ替え入れ替え、セリフ読みを行いました。

今回の出演者の方々も、個性豊かな面々が揃っております。

それぞれが、自分らしく、のびのびイキイキと力を発揮してくれたらいいなと思います★

そして私も、もっと自分を磨いて行こう。

新しい自分を見つけよう。もっと上に。もっともっと上に。

後悔のないようにしたい。撃鉄の子守唄、200%楽しまないともったいない。

 

20160714_135801.jpg

 

楽しみで仕方がありません。

みんな、よろしくお願いいたします★☆★

 

20160714_135820.jpg

 

夏バテなんかに負けてたらあかん。

突っ走っていくで〜〜〜!!!★★★★★

 

 

  • 2016.07.14 Thursday
  • 08:15

-

1人デート

今日は朝から、投票→河原町→梅田→心斎橋→奈良とプチ旅行しております。

撃鉄の子守唄のチラシ撮影のための衣装探しの旅です。
あっちに行ったりこっちにいったり。

足いたーい。
荷物重い〜。


どうも。新しいサイクル。林遊眠です。
いつものサイクルが始まった。
でも、少しは32歳らしくご機嫌にお買い物しようと、軽くお化粧してきたのですが、屋外は本当に、一瞬で汗かく(>_<)
涼しげな屋内を選んで選んで歩いております。

私、一人芝居するようになってから、本当にすぐに汗かくようになって、顔とかお構い無しやから、ハンカチタオルが必需品です。
早く日が沈まないかなー。

東京で本番するようになってから、お芝居以外でも東京に行くことが増えて、その時は、よくネットカフェを利用してたのですが、今日は心斎橋で少し時間が余ったので、心斎橋のネットカフェでゴロゴロしよ〜♪と行ってきました★

疲れた足を癒しつつ、うとうとしよーかなと思ったのですが、せっかくなのでマンガを物色していたら、たまたまなんとなく、「ガラスの仮面」を手に取りました。

私、「ガラスの仮面」読んだこと無かったのですが、よく私の一人芝居でガラスの仮面みたいと感想頂く事があり、読んでみななーと思っていたのです。

一巻を読むのに一時間かかってしまったので、二巻の途中までしか読めなかったのですが、面白かったです★

美内すずえさん、凄いっす。
そうそうそれそれと思う事を言葉にしてセリフにして登場人物に喋らせてる。
妙にスッキリした気持ちになりました★

紫の薔薇の人も、タキシード仮面さま的な人なんかなーと思ってたけど、しょっぱなから読者には正体明かされてるんですねv
高校の演劇部の先輩から「紫の薔薇の人」という単語をよく聞いていたので、謎が解けました。
あしながおじさんでした。

北島マヤと自分がそっくりやなと思うところも、無い事も無かったのですが、唯一違うところは、私には役が乗り移らないところ。
あんなに心から別人になれないっす。
2ヶ月間練習して、何度も何度も練習して、身体に馴染ませて脳に叩き込んで頭で考えて創ったものを舞台に上げているので、あんな風に咄嗟に役が出てきて人が変わったように演じられまひぇん。
北島マヤすごいっす。

でもなんか、他人事のように読まれへんから、読むの疲れました(苦笑)
演技に悩んだ時、つまずいた時にまた読もうと思います。

てか美内すずえさん凄いっす。
なんであんなん書けはるんや。。
  • 2016.07.10 Sunday
  • 18:09

-

「ウインドミルバレー 最後の三日間」「黒船」ご来場ありがとうございましたっ☆☆☆


いつものごとく。ご挨拶は次の週の土曜日という習慣(?)を今回も踏襲しつつ。
やっとこさ週末が来ました。
私のウインドミルバレーは、今日やっと、終わった感じです。


シアターグリーン、ベースシアターに足をお運びくださいました皆さま、誠にありがとうございましたっ★
劇団ショウダウン。東京のみの公演という、また初めての経験をさせて頂きました。

今回は、去年の「千年のセピラ」の時のような寂しさが、ほとんどありませんでした。
黒船には出演していないのに、です。
不思議。

稽古中も、本番中も、楽屋も寝るまでの雑談も。

みんなの一員でいさせて貰えてた。
私も黒船の一員だった。
そして、ウインドミルバレーも、みんなに支えられていた。

本当に楽しかったです。

黒船メンバー、大好きです。


どうも。プレゼントをくださったみなさまにも。林遊眠です。
たくさんのありがとうをっ★
やっとこさ、ひとつひとつ広げていく時間がとれてます。
いっこいっこ、ホントにみなさんセンスが良くて。
私の事考えて選んでくれはったんやなーって、泣きそうになります。
お一人お一人に、ちゃんとお礼が言いたいのですが、ひとまずはこちらにて。
たくさんの愛を、ありがとうございますっ☆☆☆
大事に使います★
今日早速使いますv
すぐにいただきます☆


お手紙をくださったみなさまにも。
私の宝箱にどんどん宝物が増えていきます★
この感謝の気持ちを忘れないために、必要な宝物たちなのです。

お心付けをくださいました皆さま。
劇団員にお寿司を購入させて頂きました☆☆☆
いつも、頑張ってくれている劇団員たちに、東京公演の時は必ず一度は行くお寿司屋さんのあの味を、今回も☆
東京公演は本当に、びっくりするくらいお金が飛んでいきます。
公演のためのお金も、個人的に使うお金も。
少しでも楽しみがある事が、私たちのパワーになるのです。

いつか、大きな力に変えて恩返しが出来るように、更に精進していきますっ(>_<)★☆☆☆


ウインドミルバレー、軍師ベルの物語、いかがだったでしょうか?
アシュガルド山脈での壮大な戦術も見所のひとつでしたが、1幕での面白キャラたちや、今回新たに追加したダンスシーン、ノンストップのテンポシーンなど、私なりのこだわりシーンがたくさんありました。
また思い出して貰えたら幸せですv


黒船では、あの不思議な小道具が剣になったり、赤ちゃんになったり、階段になったり、本当にいろいろなものに変化して、全員であの世界観を彩ってはりました。
感情のやりとりも、何度も胸を打たれて泣きました。
誰かと感想を語り合いたい。
まだいっぱいこの胸の中に感想が溜まってるのよ〜。



思い出に浸りたい気持ちもありますが、既に撃鉄の子守唄は動いております。
数日後にはチラシ撮影。
今日はそれのためにまた美容室へ行ってきました。
イメチェン。
でも、やっと本来の自分に戻れたかなという感じ。
今日と明日は衣装を探すためにあっち行ったりこっち行ったりしています。

次はみんなと役者として絡める★それがとっても嬉しいですv

次回公演「撃鉄の子守唄」みなさん、ご予定を空けつつ、今から誰かを誘っておいてくださいっ。
  • 2016.07.09 Saturday
  • 14:50

-

いよいよ感ずっとある

どんな状況でも越えてみせる。
たとえ、その日に場当たりキッカケゲネそして本番が待ち構えていても。
その日1日で作り上げないといけない。
しっかりしなければ。
備えておかなければ。

どうも。足の裏が痛い。林遊眠です。
凝ってる痛さ。
凝ってるだけやと思うのですが、左足の裏がここ数週間ずっと痛いです。
マッサージとかで治るんやろか。
行くべきか。稽古するべきか。。。


今日は仕事がしんどくて。
いろいろひっきりなしで。
ずーっとずーっと頭フル稼働で。

稽古を始めたのが8時くらいでした。。。
当然、頭はまわらず。
ろれつもまわらず。

でも少しでも。。。少しでもあの世界に触れておかなければ。
なんやかんやで稽古、出来ずに終わるから。


今回は、演劇祭とか何も参加してないからか、ご予約の数が本当にさみしい状態です。。
初めての東京公演!とか、演劇祭に参加!とかに、支えられていたんだな。
また観に行きたい!誰かをつれてきたい!と思ってもらえる作品を創らなければ。
ちゃんとアカンかったとこ、見つけて反省しなければ。

たくさんたくさん、色々なものを犠牲にしてやっているのに、見てもらえなかったら、ちょっと悲しいですもんね。

ただ、東京で公演を打つって、こんなに大変な事なんだ、と、本当に思います。
遠いよー。。。


「黒船」「ウインドミルバレー」。
誰かに是非お声がけください。
チケットご予約して見に来てください。
明日の夜、仕事終わりでどうですか?

金曜日の夜、一番席空いてますよ。快適に見てもらえますよ。


これはもう、メンタルが試されてるような気がする。。。
初心を忘れへんようにしよう。
どんなにお客さんの数が少なくても、見に来てくださった人たち一人一人に、どれだけの価値のある時間を過ごして貰えるか。

心を込めよう。ありがとうを、感謝を。
  • 2016.06.29 Wednesday
  • 00:00